遺伝子治療を自ら研究。
がん・感染症の予防を専門に行う、
平畑式遺伝子クリニック

MISSION

がんや感染症など
現代人において身近な病気を予防するために
研究施設(ラボ)を併設した当院では、
遺伝子研究の第一人者である院長 平畑徹幸が
長年にわたる研究結果をもとにした
がん治療や感染症予防などを提供しています。

HICクリニック院長

医学博士 平畑 徹幸Dr. Tetsuyuki Hirahata, M.D., Ph.D.

HICクリニック院長
1974年東邦大学医学部卒業、1975年東邦大学医学部第一内科(血液内科)を経て、米国留学(米国ノースカロライナ州イーストカロライナ大学 医学部血液腫瘍科 リサーチフェロー)、帰国後にヒラハタクリニックを開業。2008年にはがん遺伝子診断および治療の専門医療を目指し秋葉原でUDXヒラハタクリニック、研究所を設立。 現在、HICクリニックにてがん遺伝子診断および治療、研究所を設立。
  • 前 医療法人社団創友会 理事長
  • 前 がん遺伝子診断・治療研究所 所長
  • A4M「米国抗加齢学会」認定医
  • 所属学会:日本内科学会、膵臓病学会、日本遺伝子診療学会、日本人類遺伝子学会、アメリカ人類遺伝学会
HICクリニック院長

INFORMATION

ACCESS