遺伝子治療の特許取得

目次

こちらの記事の監修医師
HICクリニック院長/医学博士

この度HICクリニックのメイン治療である、
「遺伝子治療」の特許を取ることが出来ました。

当院の遺伝子治療は、一般の遺伝子治療とは異なった技術を独自に開発し

より効果的にがん抑制遺伝子を投与し、体に取り込める治療です。

また、遺伝子診断の結果に基づき、遺伝子異常に合わせた

患者様個別の遺伝子治療を行うことが可能です。

その特許内容は以下のようになります。

“本件特許「遺伝子治療用組成物」は、

以下のアポトーシス誘導遺伝子

 ①p53の遺伝子、

 ②FaUS-1の遺伝子、

 ③TRAILの遺伝子、

 ④IL-24の遺伝子からなり、

これらを遺伝子治療用リポソームベクターによってカプセル化される構成に特徴があります。”

(注意:当方と同様の治療をされている医療機関様には、当方の特許を侵害している可能性があるためご注意ください)

※アポトーシス(個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる管理・調整された細胞の自殺)

※リポソーム(脂質2重曹を持つ球形の小胞)

※ベクター(細胞または核内に他のDNAを運び込む役をするもの)

詳細については特許公報をご参照ください。なお、再公表特許(再表2017/068614)および手続補正書もご参照ください。

こちらの記事の監修医師

平畑 徹幸

平畑 徹幸

HICクリニック院長 医学博士
平畑院長の紹介はこちら

■所属団体
日本内科学会、日本抗加齢医学会、一般社団法人 日本アンチエイジング外科学会、膵臓病学会、日本遺伝子診療学会、日本人類遺伝子学会、アメリカ人類遺伝学会、A4M「米国抗加齢学会」
■著書
『がん遺伝子診断・治療のススメ がん予防・治療の新しい選択肢』、『すい臓病の原因と予防―お腹・背中・腰がモヤモヤしたら…』他